口内炎予防には6時間以上の睡眠と栄養

口内炎は口内炎になってから後悔することが圧倒的だと思います。ですので普段からならないように予防することが口内炎のストレスから脱却する唯一の方法だと思います。口内炎予防の一番はとにかく睡眠です。寝不足になると代謝が落ち、粘膜を被っている水分が補給されにくくなり細菌が繁殖しやすくなります。また、人間は寝ている間に壊れた細胞を修復すると言われていますので、正常な肉体を維持するのに睡眠はとても重要です。実際に私も、口内炎が多発していた頃は毎日深夜2時に寝て、6時に起きる生活(4時間睡眠)でしたが、23時に寝て6時に起きる生活(7時間睡眠)に変えてから劇的に口内炎にならなくなりました。あとで知り合いの歯医者さんに聞いたら「人間は6時間以上寝ないとダメなんだよ」と言われました。ん~確かに・・・快適な睡眠後

2番目に重要なのは栄養です。どんなにたくさん寝ても栄養が不足すると自己免疫能力が低下します。具体的な食事内容は当サイトの食事で治すページを参照していただきたいのですが、栄養摂取はバランス良く、毎日キャビアとレモンをかじりましょう(笑)。これはジョークとして、口内炎になりやすい人はビタミンB2とビタミンCを摂取するよう意識して食事をすると良いと思います。気をつけるべきは就寝2時間前までには固形物の食事を済ませておくこと。お腹の中に消化しきれていない食べ物が残った状態で寝ると、睡眠効果が半減してしまいます。睡眠と栄養のダブル効果を得るには早めの食事と早めの就寝がお約束なんです。口内炎の痛さを思い出せば頑張れますよね♪